優先診察券の無料発行サービス

フォトギャラリー

携帯版URL送信フォーム

院長のTwitter

院長のFacebook

吾嬬医院

〒131-0043
東京都墨田区立花5丁目26-8
電話:03-3612-3475

診療時間

午前 8:30〜12:00
(初診のみ11:45受付終了)
午後 16:00〜19:00
(初診のみ18:45受付終了)

休診日

土曜午後、日曜祝祭日

 

詳しい地図を見る

 

診療案内

診療時間診療科目各種医療機器

診療時間

  日・祝
午前 8:30〜12:00 ×
午後 16:00〜19:00 × ×
診療時間: 午前8:30〜12:00(初診のみ11:45受付終了)
午後16:00〜19:00(初診のみ18:45受付終了)
休診日: 土曜午後、日曜祝祭日
  • 初診の方の診療受付時間は、午前11時45分、午後6時45分までです。
  • 受診される方は、薬剤手帳、母子手帳、医療証を持参ください。
    診療上参考になります。
  • クレジットカードによる支払いが可能です。
  • 肺・肝臓・胆のう・胆管・膵臓 子宮・卵巣等のがん発見には、任意型健診である人間ドックがおすすめです。

待ち時間の短縮が可能な「優先診察券」の無料発行サービス『ファストチケット』をぜひご利用ください。

下記よりご希望の「診察日」「診察時間帯」をお選びいただき、無料でチケットを発行することができます。

インフルエンザワクチン接種をご家族でご希望の方は、代表者だけではなく、接種者全員の氏名を受診理由・症状欄にご記入ください。

  • ワクチン接種を希望の18歳未満(高校生以下)の方は、保護者と同伴でご来院ください。やむを得ず、同伴できない場合は、診療時間内にお電話下さい。
  • ご予約の患者様が最優先となります。診療状況によっては時間が多少前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの最初に戻る

 

診療科目

内科、循環器科(Internal Medicine, Cardiovascular Medicine)

急性期疾患の診断と治療

1.呼吸器疾患
気管支炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患に対する、吸入ステロイド療法、長時間作用型、beta2刺激剤併用吸入療法、抗コリン剤吸入療法。
急性増悪における、院内短時間作用型beta2刺激剤吸入療法、 漢方 桔梗湯、麦門冬湯、小青竜湯
在宅酸素療法
2.消化器疾患
腸炎:腹痛、下痢、嘔吐で脱水の際の点滴輸液療法による全身状態の改善、漢方 半夏瀉心湯、六君子湯、五苓散
3.神経疾患
脳梗塞一次予防 心房細動症に対する抗凝固療法、ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト
脳梗塞回復期抗血小板薬による二次予防
4.泌尿器疾患
尿路感染症: 膀胱炎、尿道炎
5.感染症
いわゆる上気道炎症状を主兆とするかぜ症候群の原因は80〜90%がウイルス感染症であり、抗生物質は無効であるだけでなく、耐性菌の産生を促し、有害です。
ウイルス、細菌は病原微生物であることは共通しますが、ウイルスに抗生物質は無効です。
インフルエンザ、アデノウイルス、溶血連鎖球菌、RS ウイルスなどの抗原迅速検査の感度、得意度は100%ではなく、偽陰性、偽陽性があります。
感染症の確定診断は、起因菌、ウイルスの証明ですが、臨床現場では、総合的に診断されます。

慢性疾患の管理

1.生活習慣病
高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、メタボリックシンドロームなどに対する食事療法と運動療法、管理栄養士による定期的な個人栄養指導
2.禁煙
ニコチン依存症指導管理料算定認定施設。保険診療による禁煙指導。
3.狭心症
狭心症などの虚血性心疾患の診断、治療後の慢性期経過観察、二次予防。
4.心不全
弁膜症、心筋症などの慢性心不全の管理。 β遮断剤、ACE阻害薬、ACE受容体拮抗薬の積極的使用
5.不整脈
外来で、不整脈監視装置による動悸を訴えた際の迅速な診断
6.携帯型心電図
自己心電計記録装置の貸し出し
7.消化管疾患
行政からの委託事業、胃大腸がん検診 胃がんリスク健診

行政からの委託医療

   
1.胃大腸がん検診
墨田区胃大腸がん検診 胃がんリスク健診
  • 本邦のがん検診率は、他先進国に比し低率です。 胃大腸がん、乳がん子宮がん検診は、早期発見早期治療により、生命予後が改善するといわれております。 各種がん検診は、墨田区事業として実施されており、随時すみだ区報、墨田区役所ホームページを参照ください。
  • 胃がんリスク健診は、ピロリ菌の有無と胃萎縮の程度を採血によりリスク評価するものです。詳しくは墨田区役所ホームページを参照ください。
2.特定検診
メタボ健診 土建国民健康保険組合健診
  • 東京土建国民健康保険組合加入者の特定健診を承っております。

予防接種

予防接種法により定められた定期予防接種、任意予防接種。

予防接種は随時実施いたしておりますが、来院前のご一報にご協力ください。

インフルエンザワクチン接種の場合は電話連絡不要です。

インフルエンザワクチン接種の電話予約は承っておりません。
ただし、ファストチケットからは、枠内で予約可能です。

インフルエンザワクチン以外の予防接種をご希望の方、特に乳幼児の複数ワクチン接種者は、ファストチケットではなく、直接診療時間内に電話で予約ください。

接種時間
午前9時30分より11時30分、午後4時30分より6時30分
接種料金 1回
任意予防接種(消費税
水痘(みずぼうそう) 6,000円 (個人)、7,000円 (法人)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 5.000円 (個人)、6,000円 (法人)
B型肝炎 4,000円 (個人)、6,000円 (法人)
A型肝炎 6,000円 (個人)、7,000円 (法人)
MR (麻疹 風疹) 8,000円 (個人)、9,000円(法人)
日本脳炎 4,500円 (個人)、6,000円 (法人)
ロタテック 7,000円
ロタリックス 13,000円
肺炎球菌(ニューモバックス 26) 7,000円
肺炎球菌(プレベナー 13) 9,000円
狂犬病 16,000円 (個人)、 18,000円 (法人)
破傷風トキソイド 800 円 (個人)、1,200円(法人)

インフルエンザワクチン(消費税含む
13歳未満 1回 2,000円 2回接種 13歳以上 1回 3,000円 

接種時間 午前9:30より11:30 午後16:30より18:30
  • 生後2ヶ月がワクチンデビューです。複数ワクチン同時接種を施行しており、ワクチンスケデュールに協力いたします。
  • 日本小児科学会、日本感染症研究所ホームページより、乳幼児のワクチンスケジュール、同時接種等についての説明を御覧いただけます。
  • ロタウイルスに対するワクチンには、ロタリックス(1価 2回接種)とロタテック(5価 3回接種)があります。
  • B型肝炎ウイルスワクチンは乳幼児の水平感染による慢性持続感染を防止します。  近年乳幼児期の感染が慢性持続感染をもたらし、慢性活動性肝炎、肝硬変への移行の原因となることが判明しました。
  • 子宮頸部ワクチンは、サーバリックス(16、18型)とガーダシル(6、11、16、18型)の2種類ご用意しております。
  • その他の任意予防接種 A型肝炎 B型肝炎 破傷風 狂犬病
  • 成人用肺炎球菌ワクチンは、定期予防接種法に基づく23価肺炎球菌きょう膜ポリサッカライド(ニューモバックス)と任意予防接種である13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV 13) の2種類があり、後者は自費となります。

 

在宅医療

  • 近隣の訪問看護ステーションとの連携
    • 看護師による服薬管理指導、理学療法士による起立歩行訓練、言語聴覚士による嚥下訓練
  • 鍼灸師によるマッサージ、鍼治療
  • 急性増悪や、介護者の休養のためには、地域包括病床への入院

 

各種医療機器

  • デジタルX線透視診断装置
  • 無散瞳眼底カメラ
  • 心電図
  • Holter 心電図
  • 24時間行動下血圧測定器
  • 電気的除細動器AED
  • 超音波検査: 心エコー図、腹部エコー、頚動脈エコー
  • 生化学分析装置: CRP、肝機能、肝胆道系酵素、腎機能、アミラーゼが採血後15分程度で判明されます。
  • HbA1Cの測定機器を導入しました。採血後10分で結果をお知らせできます。

 

 

 

 

「フォトギャラリー」もご覧ください。


 

ページの最初に戻る